英語を学ぼうと思ったとき、どこで学ぶべきか迷うことがありますが国内で英語を学ぶときにまず選択肢に挙がるのは、家庭教師か学習塾だと思います。
学習塾で英語を学ぶメリットは複数あります。
家庭教師の講師は学生のバイトが多いですが、学習塾の場合はほとんどの講師が社会人です。
社会人ということは、英語を専門分野としているプロであることや留学の経験がある方が多い可能性が高いと考えられます。
また、教えるのが上手い講師も多いです。
一概には言えませんが、総合的に見たとき、より深い授業を受けられるのは英語に精通しているプロの講師です。
料金の面でもメリットがあります。
基本的に授業料は学習塾で受講するときの方が安くなります。
家庭教師は一人の先生に一人の生徒しかつかないので、必要なコストが大きく変わってきます。
また、学習塾が留学などを主催していた場合は積極的に参加すると良いでしょう。
つまり、授業料以外でもお得になることがあります。
学ぶ環境で比べても差が現れており、学習塾は英語を学ぶ環境としては最適と言えます。
まず、授業の真剣さが違います。
家庭教師には学生が多いですが、それだと授業の雰囲気がかなりフランクになってしまいます。
英会話を勉強している男性 これは悪いことでもないように思えますが、リラックス状態であると集中が途切れやすくなり、脳のパフォーマンスが低下してしまいます。
場所が家であるなら尚更です。
程よい緊張感で真剣にやれば英語の学習速度もかなり早くなるでしょう。
また、学習環境としてのメリットはそれだけではありません。
他の生徒と一緒に学ぶという形態が英語学習に多くのメリットをもたらしてくれることで、友人が作れるという点も挙げられます。
同じ授業を受けていると、互いに情報交換が捗り、自分の輪を広げられるようになります。
誰一人として同じ視線を持っている人はいなく、ことなる視線を持つ人と接することは自己の成長につながります。
次に、学習意欲が高められるという点です。
家庭教師は自分にあった内容を学習していくので、自分がどれだけ進んでいるのかいまいち実感が持てません。
対して、学習塾は集団で授業を受けるので自分の立ち位置が把握しやすいです。
そのなかでライバルができると学習に対するモチベーションは飛躍的に上昇します。
以上のことから、英語を真剣に学ぼうと思っているなら、家庭教師を選ぶよりも学習塾を選んだほうが良いでしょう。
学習塾は全国どこにでもあるので、学生なら誰でも利用することができます。
最近では札幌にある学習塾のレベルが高く、海外の大学への進学も視野に入れられるほど指導に力が入っています。
札幌で塾を選ぶ時には、一度その塾のホームページを調べてみるとよいでしょう。

あわせて読みたい記事